スポンサーリンク

こんにちは!パーツライターの村上です。

今回は、フォルクスワーゲン(volkswagen)の超コンパクトカー「VW up!」にカーナビを取り付けたいという読者様のご要望がありましたのでコンテンツを作ってみました。

輸入車は国産車と比べて、加工無で取り付け出来るナビが限られてきますが、国産車のようにインダッシュナビを取り付け出来るキットなども販売されていますので、予算に応じて選んでみるのが良いかと思います。

今回のご要望では、予算が限られていましたので比較的安価に取り付けが出来る、ポータブルナビをご提案させていただきました。

 

 

フォルクスワーゲン up! はどんな車?

画像出典:http://jp.autoblog.com/

フォルクスワーゲンという自動車メーカーは、もう知らない人はいないのでは無いでしょうか?フォルクスワーゲン社は、ドイツが誇る巨大自動車メーカーで、グループにはポルシャ・アウディ・ランボルギーニと超高級車を販売しているブランドメーカーもあるのです。それらは、車が好きな人なら一度は憧れる車でないでしょうか!!

up!は、そんなフォルクスワーゲンが世界に送る超コンパクトカーで、先進技術も装備されたワールドワイドモデルとなっています。ベースグレードのムーブ up!と上位グレードのハイ up!から構成され、その他にもたくさんの特別仕様車の設定がされている遊び心のあるモデルだと思います。

全車に標準装備されたシティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)は、国産車には無い贅沢仕様で魅力を感じる人も多いのではないでしょうか?最近の自動車は、このような追突回避・低減ブレーキがオプションとなっているので、標準装備は嬉しいですね!!

up!は排気量が999ccと俗にいうリッターカーで毎年の自動車税も29,500円と比較的安めに設定されています。一つ癖がある点をお伝えするとすれば、トランスミッションがASGという電子制御マニュアルトランスミッション(スズキの軽自動車なども一部採用しているトランスミッション)なので、オートマやCVTの感覚で運転しようとすると、違和感があると思います。up!自体の購入を検討している方は、試乗が可能なのであれば、お店の人に頼んで試乗をしてからの購入を検討した方がいいでしょう。

総評としては、up!はとても楽しめる自動車であることは間違いないので、これからご案内するカーナビを取り付けカーライフを満喫していただきたいです。

 

 

up! にカーナビを取り付けるなら、必須アイテムはこれ!

今回ご紹介するカーナビは、パナソニック製ポータブルナビの「GORILLA CN-G1000VD」です。先述した通り、読者様からの質問で予算が決まっており、ナビの取り付け総額で7万円くらいでとのリクエストでした。限られた予算内で最高のポテンシャルをと思い、今回のCN-G1000VDに決定させていただきました。私は個人的にポータブルナビは余り好みではないのですが、輸入車でコスパ重視となると選択せざるを得ないですね。。。

このCN-G1000VDには、VICS WIDEという渋滞回避機能が備わっていて、ナビの機能としては結構優秀です!!気になるAV機能は、ワンセグTVとSDオーディオ(音楽再生・MP4動画再生)再生と少し寂しいですが、ポータブルなので致し方ないということで納得していただきました。

 

 

純正然を目指し、綺麗に取り付ける

ただ単にパッケージングされている部品を使って取り付けるのもいいのですが、折角気に入って買ったup!なのですから、純正然を目指し綺麗に取り付けましょう。見た目良くCN-G1000VDを取り付けるにあたって必要な部品があります。ビートソニックというメーカーから販売されている取り付けステーを使って取り付けをすると、スッキリ綺麗に取り付けることが出来ます。

画像出典:sunrise-garage.net

取り付け後は、こんな感じになります。この取り付け方法も一点だけ難点があり、エアコンの吹き出し口がナビ裏にあるので、風が少し来にくいという点です。また、ポータブルナビのサイズにも注意が必要です。大きいサイズの方が迫力があっていいと思われがちですが、ポータブルナビに至っては、7インチナビが最適です。以前、他のメーカーのポータブルナビで8インチのものがあり、取り付けを行ったのですが、画面が大きすぎて視界を遮るくらいの大きさで、チョット焦った経験があります。従って、ポータブルナビは7インチをお勧めします。

スポンサーリンク

 

 

バックカメラも取り付けましょう

今回の依頼には無かったのですが、ご紹介したポータブルナビ「GORILLA CN-G1000VD」にはリアビューカメラの入力が可能です。up!には必要ないかもしれませんが、欲しいという方もいらっしゃると思いますので、ご紹介したいと思います。今回はメーカー推奨カメラである「CY-RC90KD」が簡単に出来ますので、サクッとご案内しますね♪

必要な部品は、カメラ本体とポータブルナビに入力するために必要な専用ケーブルが必要となります。詳しくは、この後のコンテンツの「ご紹介部品一覧」でご確認ください。

 

 

今回ご紹介した商品購入リンク

今回の記事でご紹介した商品の購入先リンクのバナーを貼っときます!私がこの記事を書いている時点で一番お得に購入出来るものを厳選していますので、是非購入をしてみてください。

 

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1000VD 7インチ 無料地図更新(2019/7/31まで可) VICS WIDE ワンセグ SSD16GB バッテリー内蔵 PND 2016年モデル

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

さて、以上でフォルクスワーゲン up! にカーナビを取り付けるを終わりたいと思います。今回のように、この車にカーナビを取り付けたいんだけど、「何が必要なの?」というアナタからのお問合せをお待ちしています。

現在急ピッチにお問合せフォームの設置をしています。それまでは、コメント欄にてお願いいたします。